突然、原因不明のアレルギー湿疹が体中に出来て、心と体に優しい生活を送らなければ…と生活を見つめ直した記録です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nanoconey
 
[スポンサー広告
畑の無農薬の折り菜でナムル♪
今、収穫できる野菜たちも減ってきて、今もっとも旬なお野菜は…

折り菜です♪

畑の折り菜

10月末に苗を定植して、

12月~2月まで、雪の下でじっとゆっくり成長をつづけてきた、折り菜!

今、3月中旬から4月上旬が、もっとも旬な季節です。

実は、わたしは折り菜というお野菜をはじめて聞いたのですが、

アブラナ科の植物で、菜の花ともそっくりですが、

苦味が少なく、とっても甘いの♪

飛騨の伝統野菜として、大事にされてきたみたいですが、

ここ、福井でもよく食べられるそうです。

ビタミンAとビタミンCが、とっても豊富で、お肌にもGoodね♪

厳冬の中で育っていくので、虫の被害はなく、無農薬でも簡単に育てられるのがうれしいです♪

湯がいて、おひたしでも胡麻和えでも、炒めても、パスタの具にしても美味しいですよ!!

今回は、ナムルにしてみました。

折り菜のナムル

塩をひとつまみ入れた沸騰したお湯で、さっと湯がいて、

醤油、すりおろしにんにく、ごま油で合えました。

煮きったみりんや少しの砂糖で、隠し味に甘味を入れたいところですが、

折り菜自体に甘味が豊富なので、入れなくて大成功!

まろやかなナムルにできました♪

一株に、どんどん塔が立って、収穫できるので折り菜の食卓出現率、上がりそう。。。。。

この季節、紫外線対策に、たっぷり食べないとね♪


関東のほうでは、「かき菜」として、スーパーで売られているみたいです!

スポンサーサイト
Posted by nanoconey
comment:1   trackback:3
[優しいご飯
ビタミンCを大量に摂取するワケ♪
わたしは、アレルギーの改善のため、

フラックスオイルやビオチン、セレン、R-リポ酸

まだまだたくさんのサプリメントを摂取していますが、

中でも、医者からもっとも重要とされているのが、フラックスオイルの次に

ビタミンCです!

県立の病院の先生からも、湿疹の痕をきれいに治すのには、ビタミンCのサプリメントを

容器に表記されている、1日に服用する量の3倍以上飲むと良いと言われました。

また、知り合いの医師にも、アレルギーを改善するには、

1日に2~5g(mgではありませんよ!)を3~4回に分けて摂ると良いと

アドバイスいただきました。

そこで、わたしが毎日飲んでいるのは、

ビタミンC

アメリカから個人輸入したこれ♪

1カプセルに1,000mg、アスコルビン酸として含有されています。

これを、朝ごはんと一緒に、1カプセル、

昼間は、会社にも1瓶置いて、気が向いたときに3回ほど飲んでます。


さて、なんでビタミンCが必要なのか?ですが、

ビタミンCは抗酸化剤としてとても優れていて、フリーラジカルをやっつけてくれます。

また副腎でのコルチゾール(ステロイドホルモン)の分泌を促します。

このステロイドホルモンは自分のホルモンですから、副作用なしに安全に炎症を止めてくれます。

また、ビタミンCはビオチンの吸収率を高めます。

活性酸素やフリーラジカルは、アトピーやアレルギーを悪化させる1つの原因となっています。

活性酸素で酸化された過酸化脂質が皮膚の角層に付着し、皮膚細胞を徐々に破壊しバリア機能を低下させるのです。

だから、アレルギー改善にはとっても必要なんです。

また、アレルギーでなくても、お肌の美白にも、

そして、アンチエイジングにもとっても必要なビタミンなんですね!!

活性酸素とフリーラジカルについて、専門的な説明を下記に抜粋したので、

ご興味のある方は、読んでみてくださいね♪


【活性酸素とフリーラジカルとは?】

フリーラジカルは、対になっていない一個だけの電子を最も外側の軌道にもっている非常に不安定な分子をいいます。それは、対になる電子を他の分子から奪い、安定な状態になろうと過激に動きまわります。フリーラジカルに電子を1個奪われた分子は、それ自体がフリーラジカルになり、連鎖反応的にフリーラジカルをつくりだしていきます。

活性酸素は、フリーラジカルになった酸素分子(スーパーオキシドO2・-)やヒドロオキシラジカル(HO・)、またフリーラジカルではありませんが、H2O2 (過酸化水素)、一重項酸素(1O 2)というような他の分子と極めて反応しやすい状態になった酸素をひっくるめていいます。

それらが人体に有利に働くときは、体外から侵入してきた細菌やウイルスといった異分子を殺して人体を守ってくれる役目を果たし、なくてはならないものなのですが、正常な細胞のDNAまで傷つけることがあるのです。

では、この活性酸素から身を守るにはどうしたらいいのでしょうか。すでに人体は防御の手立てをもっているのです。その代表格がSOD(スーパーオキシド・ディスミュターゼ)で、その他、グルタチオン・ペルオキシダーゼやカタラーゼという酵素なのです。

こういった酵素の活性酸素に対抗する作用を抗酸化作用とよんでいます。これら三つの酵素だけでなく、抗酸化作用を有する物質は自然界に非常に多く存在し、総称して抗酸化物質とよび、活性酸素を除去してくれるので、英語では「スカヴェンジャー」、つまり「掃除人」ともよんでいます。

特に光合成を行なっている植物は毎日、大量の日光を浴びながら体内で膨大な量の酸素を発生させていますから、活性酸素もそのぶん多く発生し、細胞のダメージを除去するためにふんだんに抗酸化物質を持ち合わせていなければいけません。

したがって植物の葉、幹、果皮には非常に多くの量と種類の抗酸化物質が含有されています。βーカロテン、リコピン、ルテインに代表されるカロテノイド。

最近話題になっている赤ワインに含まれている、アントシアニン、タンニン、カテキン、シンプルフェノールといったものもそのたぐいです。健康になるには果物や野菜をせっせと摂りなさいというのは、実はそれらに含まれている抗酸化物質を摂りなさいということに他ならないのです。

そして体の酸化を防ぎ、錆を取りなさいということなのです。特に色の濃い緑黄色野菜が良いといわれるのは、その色素に抗酸化物質が多く存在しているからです。伊達や粋狂に植物はカラフルな色彩をまとっているわけではありません。

活性酸素から身を守るために、大量の抗酸化物質を自らの内に有しているからなのです。

ヒトの細胞もSOD、グルタチオン・ペルオキシダーゼ、カタラーゼなどを持っていますが、それだけではストレスの多い現代ではとても足りません。

特にアトピーやアレルギーのある人の場合、外から補ってあげる必要があります。しかし、SOD、グルタチオン・ペルオキシダーゼ、カタラーゼなどは分子量が大きすぎて、腸では吸収されません。そこで、分子量の小さい、ビタミンC、E、セレンなどが必要なのです。


Posted by nanoconey
comment:0   trackback:1
[サプリメント
自然農法のニンジンでジャコ人参♪
この、自然農法で作られたニンジン甘いの~~~~♪



ニンジンや大根は、生で…そして出来るだけ細かくして、食べると酵素がたっぷり吸収されて良いのですよ!

そう、すりおろすのがベストなんだけど、しゃきしゃきの食感も欲しい時は、

少し太めの千切りにして、サラダや和え物にして食べます♪

今回は、ジャコとアボカドオイルで和えました。

じゃこ人参


アボカドオイルは、オメガ9系のオイルで、オリーブオイルに似ていますが、

オリーブオイルよりもビタミンEの含有量が多く、

酸化しにくいし、熱にも強い!!

フラックスオイルは、加熱に弱いので、加熱するお料理には、

アボカドオイルかオリーブオイルを使用しています。



フライパンでジャコを多目のアボカドオイルで、揚げるように炒めます。

塩を少々(ジャコから塩分が出るので控えめに)入れ、

ボールに入れた千切りニンジンに、熱々をジュワっとかけて和えます。



少しニンジンがしなっとなって、ジャコの香ばしい香りと、

アボカドオイルの香りで、いくらでも食べられちゃいますよ!!



ニンジンは、油や酢と一緒に摂ると、吸収も良くなります。

ニンジンには、カロチン、ビタミンA、カリウム、食物繊維が豊富に含まれており、

カロチンは抗酸化作用に優れ、活性酸素の悪い働きをやっつけてくれますし、

ビタミンAは、肌の潤いと深い関わりがあり、

皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるため、肌荒れカサカサ防止効果も期待できるんですよ!!


まさに、いまのカユイカユイ湿疹&ステロイドの副作用のカサカサ肌のわたしにはもってこい!!!

たくさんたくさん、ニンジン食べましょ~~~~♪

Posted by nanoconey
comment:0   trackback:2
[優しいご飯
フラックスオイル(亜麻仁油)と仲間たちでアレルギー改善♪
オメガ3系のオイルを摂ると良い理由♪の記事で、

医師から、オメガ3の不飽和脂肪酸の摂取を意図的に増やすこと指導されて、

フラックスオイル(亜麻仁油)を料理等にに使用して摂っていることを紹介しましたが、

なんせ、アレルギーの湿疹に悩まされている真っ只中。。。。。。。

今の体質を元に戻すには、普通の生活分より、多く、そして効率よく摂取しなければなりません。

そこで、料理以外に、サプリメントでも摂っています。

オーガニックのフラックスオイルが1,000mg入ったソフトジェルカプセルを、

朝とお昼の食事と一緒に摂ってます♪

お昼は、ほとんどが外食になってしまうので、1カプセル

そして、朝はフラックスオイルを効率よく体内に吸収させるよう…

フラックスオイルの仲間

フラックスオイルのカプセルと一緒に、3種のサプリメントを一緒に摂っています。

フラックスシード・オイルを摂る場合、体内での酸化を防ぐために、

ビタミンE、セレン、α-リポ酸、CoQ10など、

最低どれか一つ、できれば全部、を一緒に摂ることをすすめられたので、

わたしは、セレンと、α-リポ酸の10倍ほどの吸収率があるといわれる、天然型のR-リポ酸を一緒に飲んでます。

また、かゆみの元になる化学物質の生成を阻害するし、

さらに、皮膚の基底細胞の下にある毛細血管を丈夫にして血流を増し、新しい皮膚の生成を促す、

ビオチン(ビタミンHとも言われています。)も、一緒に摂ってます。


さらに、ビタミンC、ビタミンB群、マグネシウムなど、

人の1日の必要摂取量の3~10倍という、大丈夫なの??と思われるくらい、大量に摂取しています。

アレルギーやアトピーの体質の改善を図るには、かなりの量が必要なのだそうです。

もちろん、これをずっと続けていくのでなく、良いほうに向いてきたら、量を減らして調整していきます。

そして、これらをバランス良く、サプリメントに頼り切るのでなく、

できるだけ日常の食物で、摂れるようになると良いですね♪


わたしの場合は、3~4ヶ月を目どに続けて行こうと思ってます!

折々、ご報告しますね♪

わたしの飲んでいる、1錠あたりの成分含有量が高いサプリメントは、
ここの↓です♪


  ビオチン 5,000mcg



Posted by nanoconey
comment:0   trackback:0
[アンチエイジングとアレルギー改善のために
オーガニックスパイスでカレー鍋♪
知り合いの医師から、アレルギーを改善するには、食生活がとっても大切と、

積極的に摂る食べ物や、避けるべき食べ物、そしてそれを補うためのサプリメントなど、

いろいろ教えていただいて、

でも。。。。。。すぐに食生活を切り替えるには、我慢のたりないわたし。。。。。

だから、ゆる~くでいいから、少しづつ変えていこうと思ってます。

積極的に摂るべき食べ物は、

●オメガ3系統のオイル (詳しくは過去記事で…)

●納豆菌、乳酸菌 (今度詳しく記事にします!)

●きのこ類 


避けるのは、

●白砂糖、マーガリン、チョコレート。。。牛乳、小麦、卵…
などなど、たくさんあるのですが、

カレーライスも。。。。。と言われました。。。。。。

大好物なのに。。。。。。。

でも、よく聞いてみたら、市販のカレールーやレトルトのカレーは、
オメガ6系統のリノール酸や、乳化剤、増粘剤などがたくさん含まれているからで、

カレーの主原料のスパイスは、ターメリック

そう、世間で大変売れている、ウコンです。

ウコンの主成分は、クルクミンで、優秀な抗酸化物質です!!
アレルギーの体質改善には、とっても有効な成分です。

だったら!!!!!

アトピーやアレルギーの改善に良いカレーを作ろう♪

昨日は、ちょっと寒かったので、オーガニックのカレー粉を使ったカレー鍋にしました♪

カレー鍋

さらっと、さっぱり鍋にしました。

夕方収穫した、

収穫

一応、自然栽培の白菜と大根をたっぷり、

そして、マイタケ、シメジ、エリンギ、しいたけもたっぷり!

昆布のだしに、醤油、みりんを少々、そして、オーガニックのカレー粉で、調整しながら食べました。

今回使った、オーガニックのカレー粉はこれ♪



これに、ローズマリーやバジルなどのハーブも足してみました。

ただ。。。。。。上にドンと乗っかってる豚肉。。。。。。。

これは、あんまりよくありません。。。。。。

シーフードを使ったら、完璧なんですが。。。。。。。

何ていっても、わたし。。。。肉星人。。。。。

お肉やめられません。。。。。。。。

明日は、お魚たくさん食べるとしよう!!!!!


この日のご飯は、麦ご飯♪

麦ご飯



最後に、煮詰まって、野菜やきのこのエキスたっぷりのスープは、

麦ご飯にかけて、最後まで美味しくいただきました♪

Posted by nanoconey
comment:0   trackback:0
[アンチエイジングとアレルギー改善のために
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。